ソーシャルビジネスについて

地球環境問題への取り組み

海岸プラスチックごみの回収と処理

河川ごみの回収及び処理

4000の島々から成る島国日本は、70%以上の丘陵と1000メートル以上の山々と20数%の平地から形成される国であり、気象環境上からも三寒四温のバランスのとれた自然の循環システムの中にあり、海・山の相互関係は深く、この循環システムが日本の豊かな文化と自然を創造してきたと日本Geiro協会は考えております。 

しかし、近年の温暖化による異常気象は島国日本の環境に重大な問題と大きな変もたらしております。 

頻繁に起きている土砂崩れや河川の氾濫、この要因も島国日本の「環境バランスの破壊」が原因であり、かつて「日本の河川をして外国人に滝と言わしめた」日本の特異な自然環境が異常気象やインフラ整備による自然環境バランスの破壊と相まって、未曾有の土砂崩れや河川の氾濫に繋がっていると日本Geiro協会は考えております。 

今後は多発する自然災害を踏まえ(温暖化による異常気象による)社会環境と自然環境の調和について私たちは精査、思索すべきであります。 

日本Geiro協会は「豊かな山・豊かな海」の保存と保護活動の為、非常時や定期的に山間部の行楽地や海岸ゴミ、日本沿岸に浮遊に対するするペットボトルやプラスチックゴミの回収処理活動をイベント化により、年中行事として取り組んで行きたいと日本Geiro協会は考えております。 

世界に誇るべき日本の自然環境の保存と保護に対する日本人一人ひとりの啓蒙、啓発活動の一貫として、各地方空港出発ロビーへの環境問題に関する専用モニターの設置を検討しております。